交通事故 障害

交通事故障害

万が一のときのための障害年金

社会保険料の値上がりはうなぎ登りです。こんなに家計を圧迫するのに、将来年金をもらえなかったらバカみたいだな、と思います。しかし、義務を履行せずに文句を言ってはいけないと思い、毎月せっせと支払っています。

 

私は、以前、法律事務所で働いていました。弁護士の先生が成年後見人をやっていたので、被後見人の財産管理のお手伝いをしました。被後見人は複数いましたが、80歳以上の高齢者ばかりでした。その中に、ひときわ若い50代の方がいらっしゃいました。

 

呆けるには早すぎる年齢なので、私は、何故この人に後見人が付いているのか、先生に聞いてみました。何でも、交通事故で脳を損傷してしまい、身よりのない方だそうです。財産はそこそこあるので、介護付きの施設に入っているとのことでした。

 

うつ病で障害年金を870万円受給できた方法を公開中
鬱病(うつ病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアルの詳細はこちら
交通事故障害 万が一のときのための障害年金

 

 

私は、毎月、この方の通帳の記帳に行ったり、医療費を払いに行ったりしました。通帳を見ると、まだ50代なのに、年金が支給されています。それも、他の方々より高額でした。これが「障害年金」です。

 

今、年金を払うのが苦しいけれど、苦しいと思うたびに、障害年金のことを思い出します。明日、何かが起きても、すぐに年金がもらえるのだ、と。働けなくなって、家族の世話になるのは忍びないけれど、障害年金をもらえれば、何かの足しになるでしょう。

 

社会保険は相互扶助の精神で成り立っています。もらえる人ともらえない人が出てきて当然です。障害年金をもらえる身分にならないに超したことはありませんが、万が一のときに頼りになる制度だと思います。

 

 

障害年金を受給するマニュアル

障害年金
870万円受給できた方法をご紹介

障害年金を申請する
障害をお持ちなのに、経済的に悩みたくないあなたへ。
よくある障害年金の申請でのミスをなさるおつもりですか?

 

この情報↓を知らずして裁定請求するなんて危険すぎます。

うつ病(鬱病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアル