精神障害 3級 年金

精神障害3級年金

障害年金の等級と受給できる人の状態について

私は精神保健福祉士です。
身体・知的障害の障害年金の等級はわかりませんが、精神障害の障害年金についてはおおよそわかります。

 

精神障害で障害年金1級を取れる人は、長く入院をしていて著しく生活に支障が出ているか、入退院を繰り返していて、就労はとても不可能というレベルの人です。

 

うつ病で障害年金を870万円受給できた方法を公開中
鬱病(うつ病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアルの詳細はこちら
精神障害3級年金 障害年金の等級と受給できる人の状態について

 

 

精神障害者のデイケアに来る人達は大体障害年金2級がおりることが多いです。
日常生活は一応できるけれど、就労は難しい、良くて授産施設での就労というレベルの人が取得しています。

 

障害年金で3級というのは、それまで厚生年金を払っていた人しか受給できません。
国民年金しか支払っていない人は障害年金2級までしか取れません。
しかし、障害年金で3級を取得したとしても、年金額はわずかに2万円程度ですので、生活を考えるとお小遣い程度にしかならないかもしれません。

 

 

障害年金を受給するマニュアル

障害年金
870万円受給できた方法をご紹介

障害年金を申請する
障害をお持ちなのに、経済的に悩みたくないあなたへ。
よくある障害年金の申請でのミスをなさるおつもりですか?

 

この情報↓を知らずして裁定請求するなんて危険すぎます。

うつ病(鬱病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアル