身体障害 年金

身体障害年金

国民年金不払いのため障害年金が受給出来ず

私は、かつて精神科デイケアスタッフとして働いておりました。

 

その時のメンバーさんで、申請すれば障害年金2級がおりるはず、という方がいました。
しかし、国民年金をほとんど支払っておらず、免除申請もしなかったため、障害年金がもらえない、という事態に陥りました。

 

その方は、既に生活保護をもらって過ごしていましたが、障害年金がおりればもう少しだけ楽な生活になるんだけどな…と嘆いていました。

 

うつ病で障害年金を870万円受給できた方法を公開中
鬱病(うつ病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアルの詳細はこちら
身体障害年金 国民年金不払いのため障害年金が受給出来ず

 

 

精神障害は知的障害や一部の身体障害のように先天的でないものがほとんどなので、「自分は大丈夫」と思って国民年金を支払わない人達が増えていますが、実際には精神障害に突然なってもおかしくないのです。

 

例えば、35歳の働き盛りの年齢で精神障害になり、働けなくなった、という時に、もしもそれまで国民年金や厚生年金を支払っていれば障害年金がおりたのに、それを支払わなかったがために障害年金をもらうことが出来なかった、という例はそこそこありました。

 

これを教訓にして、精神障害になってしまった時のために…と思って(老後のことはとりあえずおいておき)国民年金を払い続けています。

 

 

障害年金を受給するマニュアル

障害年金
870万円受給できた方法をご紹介

障害年金を申請する
障害をお持ちなのに、経済的に悩みたくないあなたへ。
よくある障害年金の申請でのミスをなさるおつもりですか?

 

この情報↓を知らずして裁定請求するなんて危険すぎます。

うつ病(鬱病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアル