障害年金 額

障害年金額

労災による障害年金と障害補償年金

業務上、あるいは通勤途中にて災害に遭い、傷は治っても障害が残った場合は
障害等級に応じて障害年金が出されます。
障害が14〜8級の場合は一時金ですが、7級から上は年金として支給されます。
1級は給付基礎日額の313日分、7級は給付基礎日額の131日分です。
この障害は障害等級表に当てはめて厚労省が決定します。

 

年金受給権者については障害が時間経過とともに、増進あるいは軽減した場合は
改定が行われます。

 

うつ病で障害年金を870万円受給できた方法を公開中
鬱病(うつ病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアルの詳細はこちら
障害年金額 労災による障害年金と障害補償年金

 

 

障害年金1級あるいは2級(精神神経障害および胸腹部臓器障害)の方で
随時介護を受けている場合は、その介護費用も実費ですが支給してくれます。

 

障害年金は社会復帰促進事業からボーナス特別支給金も支給されます。
算定基礎日額の313日〜131日分の障害年金がボーナスとして支給されます。
8級から14級の方にも503日〜56日分の一時金が支給冴rます。

 

ですので障害等級1級の方は給付基礎日額の313日+313日=626日分が
もらえます。給付基礎日額というのは前3カ月間の平均賃金の事です。
普通に働いていた時よりも多くもらえます。

 

もし、障害年金受給者が早期に亡くなった場合は、給付の一部を
遺族に支給されることがあります。

 

 

障害年金を受給するマニュアル

障害年金
870万円受給できた方法をご紹介

障害年金を申請する
障害をお持ちなのに、経済的に悩みたくないあなたへ。
よくある障害年金の申請でのミスをなさるおつもりですか?

 

この情報↓を知らずして裁定請求するなんて危険すぎます。

うつ病(鬱病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアル