障害 仕事

障害仕事

障害年金を必要な人に届けるために

私の友人は精神障害があり、障害年金を受け取っています。
大学生の頃に発病し、留年しながらもどうにか大学を卒業したけれど、
就職活動など、とても出来る状態ではなく
2年ぐらいは病院と家との往復だけのような生活をしていたそうです。

 

症状が落ち着きどうにか働こうとしても病気の事を言えば雇ってもらえず、
病気の事を隠して働きはじめても薬の副作用で物覚えが悪く疲れやすい症状で、
仕事が出来ない奴という風にしか見られず、首になったり、
社内でのいじめにあったり辛い思いをしてきたようです。

 

うつ病で障害年金を870万円受給できた方法を公開中
鬱病(うつ病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアルの詳細はこちら
障害仕事 障害年金を必要な人に届けるために

 

 

そういうストレスが祟ったのか、再発で入院、その後自宅療養をする事になり、
症状が良くなりアルバイトなど初めても、失敗したり時間がかかったりとうまくいかず。
そんな繰り返しでどんどん自分に自信がなくなっていました。

 

そういう中、同じ病気を持つ人のコミュニティーで出会った先輩に障害年金の事を聞き、
かかりつけの病院に問い合わせ、初めて障害年金を貰えるようになったそうです。
何年も同じ病院に通っていたけれど、それまで誰もそのような事は教えてくれなかったそうです。

 

年金だけで生活出来る金額ではないですが、彼は思いがけず貰えた障害年金をありがたく思っていますし
本当に助かっています。
でも私は何故病院や役所がもっと早くそういう制度がある事を教えてあげなかったのか、
自分から言わなかったらずっと貰えなかったのではないかと、非常に疑問を持っています。
今もそういう制度がある事も知らず、生活に困っている患者さんは多いのではないでしょうか?

 

行政は、もっとそういう努力をしてくれないと信用出来ないと思ってしまいます。

 

 

障害年金を受給するマニュアル

障害年金
870万円受給できた方法をご紹介

障害年金を申請する
障害をお持ちなのに、経済的に悩みたくないあなたへ。
よくある障害年金の申請でのミスをなさるおつもりですか?

 

この情報↓を知らずして裁定請求するなんて危険すぎます。

うつ病(鬱病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアル