うつ病年金

うつ病年金を受け取る方法

うつ病でお困りのあなたがうつ病年金をもらう方法とは・・・

 

うつ病年金とは、障害年金のことです。

 

障害年金 もらえる人、もらえない人 その違いとは?

 

年間870万円受給する方法があるのですが

 

その方法を知りたくないですか?

 

こちらのマニュアルは申請前に必須ですよ!

 

うつ病(鬱病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアル

 

 

よくある障害年金の申請でのミスをなさるおつもりですか?

 

この情報を知らずして裁定請求するなんて危険すぎます。

 

2010年から社会保険庁は日本年金機構に変わりました。

 

たとえ2級をもらえなかったとしても、あきらめないで下さい。

 

うつ病等で障害年金の級の基準は何なのでしょう?

 

そして、医師はどこまで患者のできるできないを判断できるでしょうか?

 

 

 

障害年金で必要な診断書

 

日常生活の能力判定

 

日常生活能力の程度

 

の部分が重要視されているようです。

 

例えば、下記の7つの項目で

 

「適切な食事摂取」

 

「金銭管理」

 

「身辺の清潔保持」

 

「他人との意思伝達」

 

「十分な睡眠」

 

「身辺の安全保持及び危機対応」

 

「精神状態」

 

 

これらを下記の四つに分類されます。これ重要です。

 

 

a) 自発的に出来る

 

b) 自発的に出来るが援助が必要

 

c) 自発的に出来ないが、援助があれば出来る

 

d) 出来ない

 

2級の裁定をもらうには、目安として、Cが7項目中 3つ以上必要です。

 

自発的に出来ないが、援助があれば出来るが、最低3つです。

 

 

この7つの分類を

 

はたして普段の受診時に医師は患者から正確に

 

把握して障害年金の診断書に記入できるでしょうか?

 

医師は、7項目中、正確に3つCをくれるでしょうか?

 

そうです、たとえば「身辺の清潔保持」などという患者の

 

普段の生活を医師はわかると思いますか?

 

私は、どこまで正確に診断書に書き込まれるか不安でした。

 

そこで思いついたのが

 

このマニュアルの裁定請求方法です。
うつ病(鬱病)など精神の病の方向け療養術&障害年金受給マニュアル